美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

イスタンブールで見た無形文化遺産「セマー」 (トルコ)

f0019856_1054546.gif恍惚の表情を浮かべ、無言のまま、ひたすら旋回する踊り。これは「セマー」と言います。

メヴレヴィー教団の宗教儀式で、旋回することで神と一体化するのだそうです。

ガイドブックに月1度の公演と書いてあったのであきらめていました。

しかし、通りでセマーの看板を見つけ、毎週火に公演するというではありませんか!
場所は、国鉄スィルケジ駅。信じられない思いでチケットを買い、トラムで出かけました。
長い演奏の後、黒いマントの踊り手が現れ、お辞儀をしてから次々に回り始めました。
スカートが開き、花が咲いたよう。動きはこれだけなのですが、時を忘れて見入っていました。

058.gif<美智代の豆知識> 無形文化遺産とは?
世界遺産には、法隆寺や姫路城などすでにおなじみの有形遺産に対して、
伝統芸能や儀式などの無形遺産があり、現在90件が選ばれています。
日本の能楽 ・人形浄瑠璃文楽 ・歌舞伎を含め、2009年に正式に登録される予定。


[PR]
by micho7e | 2008-02-16 10:17 | トルコ