美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

カンタベリー大聖堂② 威厳に満ちた朝の佇まい

f0019856_19142858.gif
f0019856_19163351.jpg8月1日(金)8:30 晴れ オープン前の静けさを味わいにちょっとお散歩。灰色の雲の間から徐々に広がる青空を威厳ある佇まいで見守る大聖堂。大きいなぁ!と仰ぎ見ると、「キ~ヨ~キヨキヨ・・・」とカモメの鳴き声が聞こえてきました。そうだ、もう少し東に行くとドーバー海峡!海の近くなんだあと思いました。時折吹く風は冷たく、上着がないと耐えられない!!

f0019856_19183914.jpg
壁には人物の彫刻がずらり並んでいます。英雄でしょうか。入口の右隣のひときわ目立つところに、「ELIZABETHA REGINA(エリザベス女王)」と名前が彫られた像を見つけました。英国史を語る上で重要な人物。この大聖堂には、さまざまな歴史が詰まっていそう。

9:00 オープンの時間です。でも、どこでチケットを買えばいいんだろう。辺りを見回し、敷地内の案内所で聞きました。すると、ホテルの宿泊者はチケットを購入しなくてもよいとのこと。
チケットはあの門で買うことになっており、私たちはすでに中にいるのです。

ホテル代は高いですが、大聖堂の入場料は大人ひとり£9.5(約1700円)ですから、これが入っているなら、よい選択肢です。 ※£1≒178.6円(2015.1.27現在)

058.gif<美智代のワンポイント> カンタベリー大聖堂の歴史
6世紀末、布教にやってきたアウグスティヌスが拠点として建てた施設がこの大聖堂の前身です。1130年に再建されましたが、大司教トーマス・ベケットの暗殺の4年後に焼失。それから500年の歳月をかけて現在の姿が完成しました。中の柱の形は16世紀頃のイギリス・ゴシック建築の代表作だそうです。

◆カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会(1988年登録)◆
[PR]
by micho7E | 2014-09-07 19:13 | イギリスⅡ