美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

ホイアン③ 来遠橋、遠くから来た友人に感謝をこめて♪

f0019856_12351482.gif
f0019856_12451122.jpg8:40 一番の見どころ、来遠橋(らいおんばし)にやってきました。1593年に作られた屋根付き橋で、2万ドン札に描かれたり、ガイドブックの表紙になっていることからも、町はもちろん、国を代表する場所です。アーチ型の日本で言う御太鼓橋で、一歩中に踏み込むと、結構な急カーブ。地元の人たちも頻繁に往来しますが、自転車は必ず押して渡らなければなりません。大事にされている橋なんですね。

f0019856_124727100.jpgf0019856_12475316.jpg両側の橋の入口には、守り神のように2体の動物が祀られています。分かりますか?
(←)サル、イヌ(→)
日本では「犬猿の仲」と言って、仲が悪いものの代名詞ですが、ここでは、この橋が申年に作りはじめ、戌年に完成したことを表しています。

そして、橋の真ん中には小さなお堂がありました。それには、こんな謂れがあります。

f0019856_12484418.jpgこの辺りに大ナマズが住んでいて、暴れると大地震や洪水が起きる。そこでこの橋をかけて鎮めようとしたそうです。ここに祀られているのは雷神らしい。

私たちが手を合わせていると、地元の若いカップルがお線香を持ってやってきて、3回頭を下げ、3回線香を振って拝んでいました。 
f0019856_12512224.jpgビールの「333(バーバーバー)も有名ですし、ラッキーナンバーなんですね。ここで、見逃してはならない石碑がありました。
f0019856_12522395.gif
1行目に「日本國人」の文字が刻まれています。実は、この橋は日本の商人が建てたと伝えられているのです。そこで通称は、「日本橋」。そして、この橋を境に日本人町と中国人町があったと言われています。しかし、橋は修復を繰り返し、今はすっかり中国風。通称と石碑は日本人が去った後、18世紀に中国人が作りました。
f0019856_12404938.jpg
来遠橋とは、遠くから来た友人が作った橋、つまり、それは日本人。
ホイアンの人たちは、必ず朝夕にお香をたき、ご先祖様を大事にしています。
日本人もまた、かつて一緒に暮らした言わば船友。この橋を「日本橋」と呼び、
石碑にその歴史を刻むことは、その友に対する敬意と感謝の表れだと思いました。
◆古都ホイアン(1999年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2014-05-20 12:27 | ベトナム(ホイアン)