美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

<宿泊①>中国式家屋を改装したヴィンフン1(ベトナム)

f0019856_17363597.gif
f0019856_1658112.jpg2連泊するのは、旧市街の中にあるヴィンフン1。旧市街の外にヴィンフン2と3がありますが、お勧めはココ!築200年以上の中国式建物を改装したホテルで、屋内に吊るされたランタンが赤くぼんやりと辺りを照らし、調度品や柱の文字などに歴史と伝統を感じます。私たちが泊まった部屋は1階でベビーベットもバスタブもあって広く、快適に過ごせました。 
f0019856_16591774.jpg4月27日(土)6:00 晴れ 鳥のさえずりとともに、ガタン、ガタン・・・という音に目が覚めました。窓を開けてみると、通りに面した入口の戸板を外す音でした。柱と柱の間には横長の板がはめ込まれていて、上から順に外していくのです。アコーデオン式の扉もありました。それを開くたびに、眩しい光がパーッと差し込むと同時に、涼しい風が吹き抜けます。昔ながらに迎える朝でした。

f0019856_1705674.jpg旧市街の家はウナギの寝床のように奥に長いので、明かり取りの中庭があり、これも特徴の一つです。

f0019856_173139.jpg







そして、もう一つ。部屋の窓を開けた途端、ぷ~んと匂うお線香。ロビーの隅に祭壇があって、毎朝、お香をたくのが、この町に暮らす人の習わしなのです。その場所でいただく朝食とベトナムコーヒー。パンと果物の種類が多く、ベトナムと中国とフランスが混じって、この国の歴史を示しているよう。

f0019856_049204.jpg
f0019856_0494458.jpg
f0019856_0561671.jpgここでも子どもたちが従業員の方々になついて記念写真。というのも、フロントの男性タンさん(写真左)は、日本語が上手なのです。聞くと、日本に来たことはなく、本で勉強したそう。フランス語と英語もでき、まじめで仕事熱心な様子が優しい話し方に表れていました。子どもをきっかけに知り合う人が多くなったように思います。これも子連れ旅行の利点ですね。朝食を終え、町歩きへと出かけましょう♪
◆古都ホイアン(1999年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2014-05-17 17:34 | ベトナム(ホイアン)