美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

オールド・グレート・ノース・ロード、建国の歴史と出会う!

f0019856_152527.jpg
f0019856_15403323.jpgシドニーから北西に約60km、風光明媚な谷間が広がるワイズマンズ・フェリーにやってきました。この川を車ごと船に乗せて渡り、左に数分走ると、山側にゲートが見えてきます。ここが世界遺産に登録されているオールド・グレート・ノース・ロード。1829年から1836年に建設されたシドニーと北のハンター地域を結ぶ264kmの道の一部で、720人の囚人が作りました。
f0019856_15393214.jpg耳をつんざく蝉の声、まばらに通る車・・・説明がなければ、単なるハイキングコースに見えますが、道の脇には、人工的に切断された石の跡や凹凸のある壁面からは囚人たちが岩を穿って道を開いていった足跡が感じられました。これまで、それほど意識したことはありませんでしたが、この国はイギリスの植民地で、男女子どもを問わず、囚人が送られてきた流刑地です。
f0019856_15555886.jpgそして、18~19世紀にかけて、その労働力を利用して、発展してきました。何千もの囚人遺跡の中から11ヶ所が世界遺産に登録。シドニー近郊にあるものを訪ねると、さらに詳しく、その様子が見えてきました。悲しくも偉大な世界遺産、こうした歴史と向き合い、認められるオーストラリアってすごい。

f0019856_16131316.jpgこの道は、以前は車やバイクで通れたそうですが、痛みが激しく、今は通行できません。今回は時間がなくて歩けませんでしたが、北のバケッティまで43km続いているので、ガイドをつけて、当時の痕跡を探して歩いてみたいと思いました。
※ここはフェリーで渡らなければ行けません。休みの日時に注意してください!!(→)

<美智代の豆知識> オーストラリア囚人遺跡群(11ヶ所) 
056.gifシドニー近郊・・・パラマッタの旧総督官邸ハイド・パーク・バラックスコカトゥー島の囚人施設、ワイズマンズ・フェリー近郊のオールド・グレート・ノース・ロード
056.gifタスマニア・・・タスマン半島のポート・アーサー史跡、ホバートのカスケーズ女子工場、マリア島のダーリントン保護観察所、プレメイディーナ近郊の炭鉱史跡、ロングフォード近郊のウルマーズ・エステートとブリケンドン・エステート

◆オーストラリア囚人遺跡群(2010年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2014-03-04 16:20 | オーストラリア(シドニー)