美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

お料理を美味しく撮るコツ 

f0019856_852584.jpg旅に出て、ぜひ記録しておきたいものの一つにお料理があります。行った場所は思い出せても、食べた物ってなかなか覚えていないもの。どうせ写真を撮るなら、美味しそうに見せたい!!普通はお皿全体を入れて撮ると思うのですが、思い切ってお料理をはみ出すように撮影してみましょう。
美味しく見せたいものが、手前に強調されることで質感が伝わり、迫力ある写真になります。
下のタグ「世界のグルメ」をクリックしていただければ、コツが分かると思います。
さらに、「真上」からではなく「斜め」から撮影(立体的になる)
少し離れたところからズームで撮影(近すぎると歪む)すれば、より美味しく見えます。
さらに、フォークやナイフ、パンやグラスなどの小物を置くと、食べ物の大きさが分かります。
最近のデジカメは料理モードがあるので、それも利用すればきれいな色で撮れますね♪
ちなみに、これはスロベニアのブレッド湖で食べたラム肉です。
素晴らしい景色の中で食べると、特に美味しかったです。リポートはこちらから。
[PR]
by micho7E | 2011-11-29 08:02 | 世界遺産の楽しみ方