美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

ドゥブロヴニク⑩ スポンザ宮殿、内戦を伝える!

f0019856_1621544.gifスポンザ宮殿は1516年の建造。貿易の物資や財を管理する税関でした。その後、造幣局や財務局として使われ、現在は古文書館です。中に入ると、当時の栄華を物語る美しいアーチと明るい中庭が迎えてくれます。回廊に昔の地図や古い文書が展示され、さっと見て回り最後の小部屋に入った途端、一瞬、動きが止まりました。

f0019856_20582166.jpgそこは、1991~95年までの内戦の展示でした。最初に目に入ったのは、壁に掛けられた顔写真。若者から働き盛りの男性までズラリ。その下のプレートには名前とプロフィールが書かれ、亡くなった日が内戦の年と同じでした。そう、彼らは犠牲者でした。

f0019856_16113225.giff0019856_16133033.gifモニターに映し出される写真の数々。火の手が上がる(←)プラツァ通り、黒い煙がもくもくと上がる港の船(→)、

f0019856_1615311.giff0019856_1658529.gif(←)炎上するビルの屋上、棺を運ぶ行列(→)も…。決して、忘れてはならない悲しい町の記憶でした。
◆ドゥブロヴニク旧市街(1979、94年登録)◆

058.gif<美智代の豆知識> ドゥブロヴニクに起こった2度の危機 
①1667年の大地震…町のほとんどが倒壊し、5000人が犠牲。それに乗じて、ヴェネツィア共和国が攻めてくるのを警戒して、オスマントルコに領地を割譲。それがネウムです。ちなみに、このスポンザ宮殿は地震で壊れなかった数少ない建物。
②1991~1995年の内戦… ユーゴスラビア連邦からの独立宣言で、連邦軍と内戦に。2000発の砲弾が降り注ぎ、7割近くの建物が全半壊。ユネスコやボランティアの協力を得ながら、崩壊前と同じ石材で、美しかった町のままに修復された。


[PR]
by micho7E | 2011-11-12 16:00 | クロアチア