美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

ドゥブロヴニク④ 1歳半の息子も歩く城壁巡り (西面)

f0019856_4175113.gif
f0019856_4254634.giff0019856_440073.jpg次は城壁の西側を一気に下ります。1歳半の息子は短い足をちょこまか動かし、楽しくて仕方がない様子。観光客に笑顔を振りまき被写体に♪ 真ん中には、新市街へ続くピレ門があり、(↑)細い階段を上がれば、ここからも城壁巡りが始められます。旧市街の方に目をやると(→)、全長300mのプラツァ通りがのび、正面には時計台。今日も大勢の観光客が集まってきました。
地図
f0019856_4293526.giff0019856_4524570.gif(←)ピレ門を入ってすぐにあるオノフリオの大噴水。1438年製造、16角面の吹き出し口から今も天然の湧水が流れます。(→)右前はロヴリイェナツ要塞です。
◆ドゥブロヴニク旧市街(1979、94年登録)◆ 
f0019856_8124091.jpg<美智代のワンポイント> オノフリオとは?
ナポリの出身の建築家、オノフリオ・デッラ・カヴァ。上下水道施設や町の主要な建築物を手がけました。12km離れた源泉から水をひき、大小2ヶ所の噴水から流れ出しています。ペットボトルに入れてから城壁巡りに行くといいかもしれませんね。(→)こちらは、オノフリオの小噴水。顔が彫られ口の部分から噴き出しているのが面白いです。どこにあるか探してみてください♪

[PR]
by micho7E | 2011-11-05 04:11 | クロアチア