人気ブログランキング |

美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

コトルへの道、入り江の奥の街を目指して

f0019856_15312932.gifコトルへの道は、いくつものカーブが続く深い入り江。ボカ・コトルスカ湾と言い、欧州最南端のフィヨルドです。「アドリア海の花嫁」という別名は可愛らしいですが、行けども行けども、厳ついロヴツェン山が立ちはだかり、なかなかたどり着けません。
f0019856_15252811.gif海に浮かぶ教会を見ながら一休み。1452年に2人の漁師が聖母マリアのイコンを発見し、祈りを捧げて病気が治ったことから、石を積んで作った岩礁の聖母教会です。船でしか行くことができず、不便だなぁと思いましたが、この深い入り江も船で行けば楽々。しかも張り出した陸地が高波を遮ってくれます。港湾都市コトルが栄えた理由がここにありました。もう一息!

058.gif美智代の豆知識> モンテネグロとは? 
国名は「黒い山」という意味のイタリア語のヴェネツィア方言。木々が生い茂る山が黒く見えたからだそうですが、ロヴツェン山は所々で岩がむき出しになり、巨大な雲の影を黒く映し出していました。福島県と同じくらいの面積で人口62万人。2006年に独立しました。世界遺産の都市コトルは湾の一番奥にあり、ドゥブロヴニクから日帰りできるため、近年人気の観光地です。


by micho7E | 2011-10-08 15:22 | モンテネグロ