美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

シギリヤ⑦ 獅子の門、のどへと続く階段

f0019856_16312077.gif北側には、獅子の前足が配置された城門がありました。鋭い爪でがっしりと岩をつかみ、やってきた人を威嚇しているよう。かつては、大きく口を開けた獅子の顔があり、飲み込まれるように階段が続いていたそうです。シンハラ語で、獅子は「シンハ」、のどは「ギリヤ」と言い、ここから「シギリヤ」という地名が生まれました。でも、獅子の顔を想像する間もなく、頂へ続く細長い階段に茫然。一気に汗が冷や汗に…。ここがもう一つのハイライトでした。
f0019856_1712156.gif
<美智代のワンポイント> 午前中に登る理由
ルートの都合上、午後に来たかったのですが、ガイドさんに午前中を勧められました。
<理由①>午後からはかなり暑いので、涼しい午前中に上るのがよい。
<理由②>近くに大きな蜂の巣があり、人の刺激で襲ってくる可能性があるので、
        人の少ない午前中の方が安全。
でも、一つ不満だったのは、影のつき方です。(↑)午前11時すぎの写真ですが、岩山の上から太陽の光がもれ、逆光気味で、正面の全体写真がうまく撮れません。北側なので仕方ありませんが、ガイドさんに撮影に適した時間帯を聞くべきでした。
◆古代都市シギリヤ(1982年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2010-12-17 16:21 | スリランカ