美智代の世界遺産紀行 ~400ヵ所達成!~ 京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。

サンマルラハデンマキ① 森にたたずむ33の石塚

f0019856_1611357.giff0019856_1643436.jpg「サンマルラハデンマキ」、舌をかみそうな名前です。青銅器時代(紀元前1500~前500年)の埋葬地で、33の石塚が発見されました。ラウマから車で30分。途中から森の中の未舗装道路を通りますが、看板に従えば大丈夫です。f0019856_16215561.jpg
駐車場は南北にあり、どちらにも説明板とトイレが設置されています。私は北から下るルートで歩き始めました。→地図

f0019856_16303443.gif私たちの他に観光客はなく、寂しいトレイルを5分ほど歩くと、丘の上に最初の石塚が見えてきました!
f0019856_16435387.gif所々、苔むした石が土台のように平べったく積まれた遺構です(↑地図上の21番)。遺跡の中で最古・最大で、「Church Floor(教会の床)」と名付けられていました。火葬や石塚に埋葬する習慣がこの時代に起こりました。昔は西に海を見渡す所にあり、土地が隆起して現在に至ります。発掘されたのは1891年です。それにしても、寂しい所。風の音に耳を澄ませながら、歩き続けました。
※(↑)この地図が掲載されたパンフレットは、ラウマの旧市庁舎で手に入れました。
◆サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳(1999年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2010-09-15 15:11 | フィンランド