タグ:世界の偉人 ( 10 ) タグの人気記事
2012年 02月 27日
ハワイ島の有名人と言えば?
f0019856_7214237.gif「南の島の大王は~その名も偉大なハメハメハ♪」 誰もが知っているこの歌の主人公、カメハメハ大王はハワイ島出身です。厳密には島の北部で生まれたのですが、町おこしの一環でヒロにも銅像が建てられました。イギリスから船や大砲を購入する一方で、出陣の際にはハワイ古来の儀式を行い、1795年ハワイ王朝を誕生させたのです。精悍な顔立ち。でも、モデルは側近らしい。f0019856_173027.gif
f0019856_7413598.jpgヒロはというと、日系人が中心になって作った町。人口4万人余り、ハワイ郡の郡庁所在地で、ホノルルに次ぐハワイ第二の都市。といっても、町はそれほど大きくなく、(↑左)このカメハメハ通りがお店でにぎわう場所です。パステルカラーで素敵♪
「雨の都」と呼ばれ、年間降雨量は3200㎜を越えます。北東から吹く貿易風が太平洋から暖かく湿った空気を運び、マウナケアやマウナロアにさえぎられて雨を降らせるため。だから、町中にこんな大きな木(↑)があったり、緑が豊かなんですね。それとは対照的に、乾いた風が吹き降ろすコナの町は、年間降雨量が250㎜強。ビーチが広がる一大リゾート地です。同じ島でも天気が全然違う。山の力は大きいのですね。
[PR]
by micho7E | 2012-02-27 07:20 | アメリカ(ハワイ)
2010年 01月 15日
ダマスカス① 英雄サラディン像を発見! (シリア)
f0019856_11335321.gif旧市街への入り口近くで、サラディンの像を見つけました。12世紀、エジプト遠征で功績をあげ、宰相としてカイロの実権を握りました。後に、アイユーブ朝を開き、十字軍の侵攻が進んでいた中、エルサレムを奪還したイスラム世界の英雄です。
他には銅像を見なかったので、ここにあるというとは、よほど誇れる人物ということでしょう。

f0019856_142514.gif1993年、没後800年を記念して建てられたのだそう。写真を撮っていると、ムスリムのカップルに一緒に写真を撮るよう頼まれました。私たちの方が珍しいみたい(笑)。
(←)城壁は、紀元前1世紀のローマ時代に築かれ、イスラム時代に十字軍やモンゴル軍に備えて補強されたもの。一呼吸して、喧騒のスークへ足を踏み入れました。
◆古都ダマスカス(1979年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2010-01-15 16:05 | シリア
2009年 11月 16日
香港① アベニュー・オブ・スターズで映画気分♪
f0019856_23133866.gif午後1時半の高速船に乗り、マカオから香港へ移動。高層ビルが林立する大都会でした。世界遺産はなく、気ままに街歩き。まずは、九龍のアベニュー・オブ・スターズ!対岸のビルを眺めながら、海辺のプロムナードを歩くと、香港映画に関するものがあちこちに…。ジャッキーチェンの手形やブルースリーの像を見つけるだけでうれしくなります。私も真似してアチョ~!

f0019856_18294225.giff0019856_18363085.gif相変わらず蒸し暑いですが、時々、海風が吹き、生バンドや大道芸もあって、活気に満ちていました。香港映画が好きな人にはたまらない場所です。
f0019856_18382369.gif

[PR]
by micho7e | 2009-11-16 19:02 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 06日
<寄り道> ジョルジェ・アルヴァレス記念像 (マカオ)
f0019856_12343561.gifビルが建ち並ぶマカオの繁華街で、こんな像を見つけました。1513年、中国に上陸した最初のポルトガル人で、名前はジョルジェ・アルヴァレス。足元には船のモザイクもあり、まるで船の甲板から中国を発見した場面のよう。日本にキリスト教や鉄砲が伝わったのも、日本の銀で中継貿易をしたのも、この人の一歩から始まったのですね。マカオの世界遺産を巡っていると、世界を舞台にした大航海時代の壮大な歴史が一つの線で結ばれたように思いました。

f0019856_2222794.jpg

※今日でマカオ編は最終回です。私も新たな世界遺産の旅へ漕ぎ出そうと思っています。
 しばらく休んだ後、香港編から再開したいと思います。さて、どこへ行くのかお楽しみに♪
[PR]
by micho7e | 2009-11-06 08:19 | 中国(マカオ/香港)
2008年 12月 14日
ストラスブール⑨ グーテンベルク広場での後悔 (フランス)
f0019856_14291256.gifストラスブールで見つけた有名人を紹介しましょう。

印刷技術を発明したヨハネス・グーテンベルクです。
ドイツ出身の金属加工職人で、1434年からストラスブールで暮らしました。1455年に完成した最初の印刷物は、聖書。これで大量出版が可能になり、宗教改革へとつながるのです。彼の名前がついた広場には、旧約聖書を広げる像が立っていました。

「活版印刷」といえば、「火薬」「羅針盤」とともにルネサンス三大発明の一つとして、世界史の授業で習ったなぁ。今にして思うことは、もっとしっかり勉強しておけばよかった・・・。実は、世界史は最も嫌いな授業だったのです。(笑)
◆ストラスブールのグラン・ディル(1988年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-12-14 13:08 | フランス
2008年 10月 28日
ベルン⑥ アインシュタインが眺めた風景 (スイス)
f0019856_1135750.gifこの大通りには、アインシュタインが妻と息子と一緒に、3年間暮らしたアパートがあります。

小さなテーブル、ソファ、食器棚があるだけの小さな空間ですが、花の壁紙や食器の柄、壁にかけられた妻との写真から、幸せな生活を垣間見ることができます。ここで、「特殊相対性理論」が誕生したのです!

f0019856_11355539.giff0019856_1137078.gif机の上に本があり、青年が真剣な表情で読んでいました。未来のアインシュタインでしょうか?
部屋の窓から顔を出し、これが天才を生んだ町並みかと思うと、ますます素晴らしく見えてきました。
[PR]
by micho7e | 2008-10-28 13:31 | スイス
2008年 10月 12日
リヨン⑨ 『星の王子さま』のサンテグジュペリ像 (フランス)
f0019856_2113940.gifベルクール広場の片隅に、ある有名人の像を見つけました。『星の王子さま』の作者、サンテグジュペリです!
1900年6月29日、リヨンの新市街で生まれました。そして、幼い頃からあこがれていたパイロットになるのです。
王子の手がそっと肩に触れ、優しい表情を浮かべているのが印象的でした。リヨンの空港は、サンテグジュペリ国際空港と呼ばれています。
[PR]
by micho7e | 2008-10-12 00:58 | フランス
2008年 01月 08日
ヴィッテンベルク、ルターが活動した町 (ドイツ)
f0019856_13273132.gifマルティン・ルターと言えば、世界史では必ず登場する最重要人物!

このヴィッテンベルクは、宗教改革者ルターが活動した町で、広場には難しい顔をして本を指し示す彼の像がありました。→地図

f0019856_13285164.gif


少し町を歩くと、「95ヵ条の論題」を貼り出した扉を見つけました!
これが、キリスト教社会に混乱を起こした歴史的な場所です。
扉には、「これが目に入らぬか!」と言わんばかりに、
ぎっしりと文字が刻み込まれていました。
◆アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群
                             (1996年登録)◆

[PR]
by micho7e | 2008-01-08 16:57 | ドイツ
2006年 07月 20日
グランドホテル、ノーベル賞気分で♪(スウェーデン)
f0019856_9255796.gif午後10時、ストックホルムでは日没とともに王宮が輝き始めます。

ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルはこの街出身。ノーベル賞は、彼の遺言により、1901年に始まりました。命日の12月10日に市庁舎で授賞式があります。

f0019856_924876.gif「一旅一贅沢」を実践する私は、ノーベル賞受賞者の定宿、グランドホテルに宿泊。港側をリクエストして部屋から見えた景色がコレです(↑)。同郷の愛媛出身で、文学賞を受賞した大江健三郎さんも、この部屋に泊まったのかな? この景色をみたのかな?・・・いろんな想像をしながら、一夜限りの贅沢な景色を目に焼き付けました。言うまでもなく、部屋は広く豪華です。
※世界遺産ではないのですが、オススメなので、「世界遺産に泊まる!(おまけ)」とします。
[PR]
by micho7e | 2006-07-20 14:25 | スウェーデン
2005年 10月 24日
ポーランドの偉人たち
f0019856_11445965.gifポーランドはあまりなじみがないと思うかもしれませんが、この国には世界的に有名な偉人たちがいます。

f0019856_11471353.gifまず、地動説を唱えたコペルニクス。出身のトルニの広場の中央に像があり、町のシンボルでもあります。

←キュリー夫人。ノーベル物理学賞と化学賞を受賞しました。ワルシャワに生家があります。


f0019856_11485597.gif

同じくワルシャワにショパン博物館があります。ちょうどショパンコンクールが開かれていて、日本人の盲目の少年が出場していたことは、帰国後のニュースで知りました。そして、前ローマ法王のヨハネパウロ2世もポーランドの人です。実は、なじみの国なのです!
[PR]
by micho7e | 2005-10-24 11:08 | ポーランド



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2016
その他のジャンル