カテゴリ:フィンランド( 42 )
2010年 11月 04日
フィンランド紀行のまとめ (最終回)
f0019856_11413973.gif<2010.7.24~8.2の旅>
世界遺産300ヵ所訪問がかかった記念すべき旅は、妊娠7ヵ月で3歳の子連れという条件付きでした。そこで、日本から最も近い欧州(フライトは9時間半)ということで、フィンランドをチョイス♪ 最高気温36度の日本では考えられないほど、空気が乾いて過ごしやすく、治安もドライブも問題なく、かつ円高(1ユーロ≒114円)も手伝って、この条件では最適な旅ができました。世界遺産は7ヵ所あり、どれも日本では馴染みがない場所ばかりですが、逆に、自分で調べて知る楽しみは十分にありました。どの世界遺産も英語のwebサイトをもっているので、インターネットで検索して、さらにメールで質問を送ると、翌日にはきちんと返事がくる真面目ぶり。きちんとした国民性を表しています。そして、ムーミンワールドサウナ付きホテルもあり、子連れ旅行にもおすすめです!
<運転> 運転マナーはかなりよく、制限速度を超えて走っている車はまれです。スピード違反取り締まりの監視カメラもあちこちに設置されていましたので、ご注意ください。あまり急がず、車窓から見える森と湖の景色をのんびり楽しむくらいの方がよいですよ。 →体験談

<気候> 晴れると最高気温は30度くらいになります。でも、空気が乾いているため、木陰に入ると涼しく、快適な夏です。一方、曇りの日は、16度くらいまでしか気温が上がらず、薄手の上着では寒いくらいです。日が暮れるのは午後10時ごろなので、夜遅くまで街歩きできます。

<治安> かなり良いです。世界経済フォーラム発表の旅行者に優しい国!「安全性」部門で、フィンランドが第1位に輝いています。

<物価> 物価というより、税金22%がほとんどの商品に付くので、その分、高く感じます。
4年前に旅した時はすべが高いという印象でしたが、今回は円高の影響でやや高いくらいでした。北欧の旅は、円高である今がチャンスです!

<食事> 正直、すごく美味しいという訳ではありませんが、サーモンからトナカイシロマスまで、海・山・湖の幸がそろっています。妊娠中で少ししか飲めませんでしたが、地ビールもおすすめです。ただ、料理が出てくるまでに30分以上待たされ、子どもが退屈してしまいました。スローフードの国なんでしょうね。子どもの退屈しのぎに、プレイルームがあったり、お絵かきセットをプレゼントしてくれたりのサービスもあり、これは役に立ちました。

<ホテル> 日本の旅館に温泉があるように、フィンランドのホテルにはサウナがあります。地元の人と会話するよいチャンス! ぜひ、一度は入ってみてください。それに、キッズルームを完備したホテルやチェックイン時に子どもにお土産をくれるホテルもあり、家族旅行にはうれしいサービス。やや広めのファミリールームをもつホテルもありました。ヘルシンキのホテルは全体的に値段が高めですが、それ以外は100ユーロ前後で宿泊できましたよ!

<その他> 北欧の旅行シーズンは6~8月。ムーミンワールドも含め、冬は閉鎖する観光地や案内所が多いので、夏以外の季節に訪れる場合は必ず確認を!! また、フィンランドは、自国を「スオミ(Suomi)」と呼びます。いろんな所で目にするので覚えておくと役立ちます。

<おすすめ度> ★★★★☆
世界遺産は地味ですが、妊娠中や子連れの旅で訪れるにはお勧めの国。ただし、ヘルシンキ以外の世界遺産を訪れる場合、公共交通機関を使うと時間がかかるので、断然、レンタカーがお勧めです。子どもがグズッた時でも自由に行き先をアレンジできます。

最後に、何事もなく帰国できて、本当によかったです。妊婦は疲れやすいので、途中で2日ほど予備日を作り、12時のチェックアウトぎりぎりまで休んで、午後から街歩きという日もありました。くれぐれも余裕をもったスケジュールでお出かけくださいね♪
[PR]
by micho7e | 2010-11-04 13:19 | フィンランド
2010年 11月 03日
フィンランドで買ったお土産いろいろ
f0019856_12171710.gifまず、世界遺産の木造教会ペタヤヴェシと言えば、説教壇の素朴な彫刻が印象的。中でも、支えとなっている聖クリストファーの顔が強烈でした。そこで、そのミニチュア飾り(←左下)を買いました。もちろん、木製です。
ラウマでは名物ボビンレース(←右下)。巧みに編み上げられた芸術品です。
f0019856_2024368.jpg(↑)そして、ムーミンワールドでは、子供用のムーミンTシャツを買いました。たちまち、息子のお気に入りの1枚になり、帰国後もお出かけのたびに着ています。
(→)その他、北欧デザインの食器もセンスがよくてお勧め♪空港の免税店でも売っていて、日本で買うよりずっと安くて種類も豊富。トランジットの時に少しずつ買い足しています!
[PR]
by micho7e | 2010-11-03 12:46 | フィンランド
2010年 11月 02日
ヘルシンキ空港、綱渡りの最終日
f0019856_13475.gif8月1日(日)晴れ 15:55
ヘルシンキ空港のチェックインカウンターは、これまで経験がないほど長い列ができていました。大阪行きの出発は17:20で焦ります。夫が並んでいる間に私が偵察。そこで4台の自動チェックイン機を見つけたのです。これぞ神の助け!係員に教えてもらってすぐに手続き完了。
f0019856_1324874.gif次の手荷物カウンターでは多少、待ったものの、出発1時間前の16:18に預け終わりました。これで安心と思いきや、最大の難関は、パスポートコントロール(↑)でした。ヘルシンキは欧州のハブ空港で、むしろ、乗り換えの人の方が多いのです。しかも、周りを見ると、アジア人ばかり。この時間は、大阪、成田、名古屋に加え、上海、ソウル行きの便が集中し、みんな焦っていました。結局、出国審査が終ったのは17:10、搭乗したのは定刻2分前の17:18。楽しみにしていたムーミンショップ(→)での買い物はできず(涙)、飛行機は14分遅れの17:34に動き出しました。タクシー、空港まで綱渡りの一日でしたが、最後は乗れて本当によかった。お腹の赤ちゃん、焦らせてごめんね!

058.gif<美智代のワンポイント> e-ticket の威力
今回ほど、e-ticketが役立ったことはありませんでした。カウンターが混雑している時は、自動チェックイン機を見つけ、係り員に使い方を聞きながらチェックインすることをおすすめします。ただし、マイルのチャージができず、帰国後に登録しましたが…。
というか、この時期は時間に余裕をもって行動した方がよいですね。(苦笑)


[PR]
by micho7e | 2010-11-02 12:59 | フィンランド
2010年 11月 01日
ヘルシンキの港で待ちぼうけ
f0019856_12513017.gif
タリンから高速艇で1時間半、街のシンボル、ヘルシンキ大聖堂(↑右)が近づいてきました。
前方には、あこがれの豪華客船シリヤ・ラインも寄港し、洗練された美しい港です。
大聖堂の方向に並んでるオレンジ色のテントは、名物のマーケット広場。
野菜や果物、衣類や工芸品、そして、新鮮な魚介類が売られています。
日曜日で、サンデーマーケットが開かれていたため、ぜひ寄りたかったのですが、
17:20大阪行きのフライトまで2時間半しかなく、直接、空港に向かうことにしました。
しかし、タクシー乗り場に来たものの、私たちの直前で最後のタクシーが出発。
その後、待てど暮らせど車は来ず、時間だけが過ぎていきます。乗り遅れた大変!(汗)
30分後…あせった夫が向かいの大通りに出てやっとタクシーを拾いました。
港から空港まで25分(39.5ユーロ)。15:42に到着しました。
でも、ほっとするのもつかの間…空港は大勢の人で、唖然とするほど混雑していたのです!
[PR]
by micho7e | 2010-11-01 15:36 | フィンランド
2010年 09月 21日
リンダ・ラインでタリンを目指す!
f0019856_14283186.gifホテルの裏側はすぐに港。エストニアの首都タリンは、ヘルシンキから高速艇「リンダ・ライン」に乗ってわずか1時間半で到着です。これなら、週末の小旅行で行く人が多いのも分かります。うれしげに高速艇の前で記念写真を撮っていたら、乗船が遅くなり、並び席は残り1列しかありませんでした。(苦笑)
f0019856_1432665.gif行きは予約してなくても、出発30分前でチケットが買えました。しかし、帰りは日曜日で、タリン港の窓口は大混雑。ネットで予約していたにもかかわらず、数十分待たされ、危うく乗り遅れるところでした。週末は時間に余裕をもって!
船の中では食事もできて快適でした。(エストニア紀行へ
※曜日と時間によって料金が違います。必ずHPで確認を!

058.gif<美智代のワンポイント> スオメンリンナを見逃すな!
f0019856_151021.gif出航して10分も経たない所で世界遺産「スオメンリンナの要塞群」が見えてきます。フィンランドを支配したスウェーデンがロシアへの備えに築いた要塞で、海に面して厚い防御壁やいくつもの大砲が見えます。行きも帰りも見るチャンスはありますが、高速艇の外は風が強いので注意!


[PR]
by micho7e | 2010-09-21 14:32 | フィンランド
2010年 09月 20日
ヘルシンキの5ツ星、「Hotel Haven」で贅沢に♪
f0019856_1627074.jpg無事、ヘルシンキ空港でレンタカーを返し、エアポート・タクシー(3人で35ユーロ)で市街に向かいます。乗った途端、フロントガラスに多量の雨粒が…。ドライブが終った後の雨で、ツイていました。約20分でホテルに到着。2009年にオープンしたばかりの5ツ星ホテル、「Hotel Haven(ヘイブン)」です。
f0019856_16292378.gif北欧デザインのスタイリッシュな内装で、サービスも申し分なし。パティオで充実した朝食を食べ、贅沢気分を味わえます。

f0019856_16301967.gifこのホテルを予約した理由は、タリン行きの港に歩いて数分という立地。

f0019856_16314018.gif後から知ったのですが、世界70ヵ国から500軒以上の加盟ホテルをもつ「Small Luxury Hotels of the World」の一員でした。ヘルシンキ市街のホテルは全体的に値段は高めですが、インターネットで検索すると割安で宿泊できます。これも、円高の今だからできる贅沢! 疲れをとって、次はエストニアです。
※「世界遺産に泊まる!」ではありませんが、よいホテルだったので、リンクしておきます。
[PR]
by micho7e | 2010-09-20 16:31 | フィンランド
2010年 09月 19日
ムーミンワールド③ 素朴なショーに立ち見まで!
f0019856_11454084.gif
f0019856_11485051.gif劇場では、1時間おきにショーが開かれていました(料金はチケットに含まれる)。フィンランド語とスウェーデン語でそれぞれ上演されますが、私たちにとってはどちらも一緒。2010年は作者のトーベ・ヤンソンがムーミンを作って65年目。そこで、ムーミンママが作ったバースデーケーキでお祝いするところから始まりました。司会のミィを中心にキャラクターがダンスを披露。でも、ディズニーランドやUSJなどの豪華なショーに慣れている人は、あまりの素朴な演出に物足りなさを感じるかも…。
それでも、観客席は満席で立ち見までいるほどでした!

f0019856_11592937.gifその他、高台にあるスナフキンのキャンプでは、スナフキン自身が詩の朗読をしてくれました。その後、集まった子どもたち一人一人に声をかけていましたが、うちの息子は言葉が分からず無視されてしまいました。大好きなキャラクターだけに、ちょっと寂しそうな息子でした。

f0019856_1211188.gifムーミン一家が夏に水遊びをする水遊び小屋には、なぜかネッシーが来ていました。

f0019856_1223256.gifもちろん、お土産物も充実。(←)これは綿菓子。形は違えど、万国共通のお菓子ですね!ショップでは、ムーミングッズが飛ぶように売れていました。日本からのお客さんもちらほら来ていましたよ。正直、子どもがいなかったら、来てなかったと思いますから、ある意味、いい経験になりました。今後の旅でも、寄り道が増えそう。(笑)
[PR]
by micho7e | 2010-09-19 11:37 | フィンランド
2010年 09月 18日
ムーミンワールド② これがムーミン一家のお宅
f0019856_17592797.giff0019856_15585022.gif一番人気は、ムーミンハウス。キャラクターが集まり、時々、歌と踊りで楽しませてくれます。何より、待ち時間ゼロなのがいい♪ 私がミィに声をかけると、「こんにちは!」と日本語で挨拶してくれ、握手しました。

f0019856_1621265.gif


ムーミンハウスをご覧あれ♪
[PR]
by micho7e | 2010-09-18 17:58 | フィンランド
2010年 09月 17日
ムーミンワールドへようこそ♪①
f0019856_17552847.gifフィンランド最後の目的地は、「ムーミンワールド」! ラウマから南へ車で1時間、ヘルシンキからは西へ2時間のナーンタリにあります。世界遺産とは無関係ですが、息子のたっての希望でした。古いアニメなのになぜ?f0019856_12301171.gif
というのも、1歳の時にヘルシンキ空港で買ったムーミンの鞄を大事にしていて、今や旅に欠かせないアイテム。もちろん、事前にビデオを見せていて、好きなキャラクターは「スナフキン」です!
f0019856_1235616.gifアニメでは、ムーミン谷が舞台ですが、ムーミンワールドは一つの島にあります。行き方は、大きなスーパー横の駐車場に車を止め(6ユーロ)、無料のバスで近くまでいきます。そこから、徒歩または観光トレインで島の対岸へ。

f0019856_1237569.gif(→)この長い橋を渡りきれば、そこはもうムーミンの世界でした。簡素なゲートがあり、入場料は1人21ユーロ(3歳以上)。ですから、親子3人で63ユーロ。高い寄り道だと思いましが、ここまでついて来てくれる息子へのご褒美です。さあ、あとは自由に楽しみましょう♪

058.gif<美智代のワンポイント> ムーミンワールド! [1][2][3]
料金は1日券21ユーロ(3歳以上)、2日券もありますが、1日で十分満喫できます。
気をつけてほしいのは、毎年6~8月しかオープンしないこと!

2011年は、6/7~8/14 10:00~18:00、8/15~28 12:00~18:00
必ず、オープン日時を確かめてお出かけくださいね! →現地ホームページ
[PR]
by micho7e | 2010-09-17 17:55 | フィンランド
2010年 09月 16日
サンマルラハデマキ② ハイライトは、細長い埋葬地
f0019856_14531555.gifトレイル沿いの石塚を見ながら歩いて30分。南端にある大きな遺構(地図上の6・7番)にやってきました。最も長い24mの石積みで「フルートの長石塚」と呼ばれています。他の石塚からは青銅のブレスレットの一部が発見されていますが、それ以外の埋葬品は未確認で、まだまだ謎めいた遺跡でした。
f0019856_1532222.gif南の駐車場に行くと、青銅器時代の衣装を着た若い女性が待っていました。掲示板には、「1人2ユーロで案内します」と書いてあります。ここから始めれば、ガイドさんに気づいていたのに…と残念に思いましたが、もう引き返すパワーはなく、記念写真を撮らせてもらって帰りました。後にも先にも、ここで会ったのは、この女性だけ。ちなみに、トレイルは木のチップで作られていて、歩きやすかったですよ!
◆サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳(1999年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2010-09-16 14:53 | フィンランド



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2016
その他のジャンル