カテゴリ:スウェーデン( 13 )
2006年 07月 22日
おまけ「北欧スナップショット」
f0019856_983999.gif北欧紀行の最終回です。
スナップショットを集めました。

ストックホルムの旧市街、ガムラ・スタンの教会裏で見つけた「アイアン・ボーイ」です。高さは14cm。市内で一番小さな像。
何を考えているのかな?
寂しげな姿の側に、そっとコインを置きました。(左の体は私)


f0019856_9123557.gifよく見た風景は、カップル&ベビーカー!!
調べてみると、男性は最低でも60日の育児休暇がとれ、1年半は給料の8割が受け取れるそうです。男性がオムツを替える姿が自然でした。
これこそが、少子化対策ですね!f0019856_915317.gif




変わった標識を発見!これは何でしょう?ヘラジカかな?
運転で気がついたのは、ほとんどスピード違反の車がないということ。余裕があり、几帳面な国民性が出ています。

f0019856_914847.gifスウェーデンの紙幣20クローナ。
表には、「ニルスの不思議な旅」の作者、裏にはニルスが旅する様子が描かれています。
旅の舞台の一つが世界遺産。→こちらから
北欧は、成熟した大人の国という印象を受けました。観光シーズンは、7~8月と短いですが、それだけにバカンスをめいっぱい楽しんでいる様子がよかったです。 (おしまい)
[PR]
by micho7e | 2006-07-22 14:48 | スウェーデン
2006年 07月 21日
グランドホテルで最高の夕食 (スウェーデン)
f0019856_9195589.giff0019856_921124.gifここまで来ればとことん贅沢!

①マグロの炙り、ウズラの卵添え

f0019856_9221173.gif②アンコウのフィレ、レモン焼き。付け合せは、ポテト。



f0019856_922584.gif③アイスクリーム、フルーツ添え

地ビールは、ほろ苦い大人の味!

今回の旅で最高の食事でした。 →グランドホテルとは
というのも、マックのバーガー、超・山盛りのスパゲッティ、ガソリンスタンドで買ったパンなど、
まともな夕食をとってなかったのです。日が暮れるのが遅いので、つい観光が長引いてしまい、ホテルに着くのはいつも夜9時ごろ(といってもまだ明るい)だったのです。
すると、食べるところがなくなり、レストランはバーになっていました。
ですから、旅の終盤で訪れたストックホルムでは、やっと気分よく酔っ払いました!
[PR]
by micho7e | 2006-07-21 14:27 | スウェーデン
2006年 07月 20日
グランドホテル、ノーベル賞気分で♪(スウェーデン)
f0019856_9255796.gif午後10時、ストックホルムでは日没とともに王宮が輝き始めます。

ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルはこの街出身。ノーベル賞は、彼の遺言により、1901年に始まりました。命日の12月10日に市庁舎で授賞式があります。

f0019856_924876.gif「一旅一贅沢」を実践する私は、ノーベル賞受賞者の定宿、グランドホテルに宿泊。港側をリクエストして部屋から見えた景色がコレです(↑)。同郷の愛媛出身で、文学賞を受賞した大江健三郎さんも、この部屋に泊まったのかな? この景色をみたのかな?・・・いろんな想像をしながら、一夜限りの贅沢な景色を目に焼き付けました。言うまでもなく、部屋は広く豪華です。
※世界遺産ではないのですが、オススメなので、「世界遺産に泊まる!(おまけ)」とします。
[PR]
by micho7e | 2006-07-20 14:25 | スウェーデン
2006年 07月 19日
ビルカ、ヴァイキング伝説の島
f0019856_9323988.gifドロットニングホルム宮殿から車で30分。
さらにフェリー30分。
緑が生い茂る島、ビルカに到着しました。

多くの家族連れがピクニックを楽しむこの島も、世界遺産。9~10世紀に栄えたヴァイキングの交易都市の跡なのです。 
f0019856_9314359.gif集落を囲む城壁、船形に石を並べた墳墓、住居跡などを残っています。↑写真奥の丘の斜面は、高級住宅地があった場所。
「ヴァイキング時代のビバリーヒルズ!」
古代衣装のガイドさんが、冗談交じりに説明してくれました。

島には博物館もあり、模型で人々の生活を再現しています。→
日本が平安時代に入った頃。ヨーロッパの海ではヴァイキングが勢力を振るっていました。
◆ビルカとホーヴゴーデン(1993年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-19 14:25 | スウェーデン
2006年 07月 18日
ドロットニングホルムの王領地、華麗な宮殿
f0019856_9392756.gif今回、訪れた世界遺産の中で最も有名なのは、ドロットニングホルム宮殿です。

ストックホルム西郊の島にあり、現在は王族の居城となっています。

豪華な宮殿と幾何学模様の庭園があり、『北欧のベルサイユ』と呼ばれています。

スウェーデン語で「王妃の小島」を意味し、かつては王妃のための夏の離宮でした。
また、ここには宮廷劇場があり、私は、生まれて初めてオペラを鑑賞しました!
歴史ある舞台とオーケストラの生演奏、上流階級の世界に紛れ込んだようです。
でも、スウェーデン語の意味が分からず、前半でギブアップしてしまいました。→正面の写真
◆ドロットニングホルムの王領地(1991年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-18 14:24 | スウェーデン
2006年 07月 17日
スクーグシュルコゴーデン、森に眠る魂
f0019856_934555.gif一度足を踏み入れたら出口も分からないほど、広大な森の中に墓地はあります。

ストックホルム南郊にあるスクーグシュルクゴーデン。この森林墓地も世界遺産。

火葬場、礼拝堂、納骨堂が備わり、民族や宗教の違いを超えて12万人が眠っていました。

設計したのは、当時、北欧の建築界をリードしていたアスプルンド。
「死者は森へ還る」という死生観を具現化したこの墓地は、
近代化が進む20世紀前半、市が主催する国際コンペを勝ち抜きました。
国土の半分以上が森の国。この場所はスウェーデン人の安息の地となっているのでしょう。
(一般市民の墓地が単体で世界遺産に登録されているのは、ここだけです)
◆スクーグシュルコゴーデン(1994年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-17 14:21 | スウェーデン
2006年 07月 16日
ファールンの大銅山、巨大な穴の物語 (スウェーデン)
f0019856_12523055.gif町なかに、ぱっくり開いた巨大な穴! 1000年以上続いた銅山の採掘跡です。

スウェーデン中部の都市ファールンでは、9世紀頃から銅の採掘が始まり、17世紀半ばには、世界の銅産出量の3分の2を占めるほどでした。
f0019856_1255273.gif
1992年まで現役として国を支え、工場、採掘坑、管理棟、住居が保存され、ガイドツアーでは、深さ90mの採掘坑を見学します。
レインコートを着て、ヘルメットをかぶり、エレベーターで地下世界へ。
探検隊に参加してるようでワクワクしました。
f0019856_12563065.gif細いトンネルを進むと、ホールのような部屋に出ました。壁や天井には、削り取られた痕跡が残り、坑夫たちの苦労を思いました。

f0019856_12574692.gif近くには、坑夫が暮らした家並みが残っています。銅を製錬する時に出る廃物から赤い粉をつくり、木造の家々の外壁に塗ったそうです。外観だけでなく、家を劣化から守る役目もありました。赤銅の家は、国中に広がり、スウェーデンの伝統的家屋になりました。今で言うリサイクルですね!
日本では、来年、島根県の石見銀山遺跡の世界遺産登録が有力です。
それを機に、産業遺産の物語が注目されるといいですね。
◆ファールンの大銅山地域(2001年登録)◆

056.gif <世界遺産短歌>
  ファールンにパックリ開いた巨大穴 どう(銅)だとばかり 口もあんぐり


[PR]
by micho7e | 2006-07-16 14:19 | スウェーデン
2006年 07月 15日
エンゲルスベリの製鉄所、発展の礎 (スウェーデン)
f0019856_943481.gifストックホルムから北西へ約150km。のどかな森に、突如現れたこの建物こそ、スウェーデンを発展に導いたエンゲルスベリの製鉄所なのです!

古くから鉱物資源が豊富で、16世紀にドイツの鍛冶職人を招き、製鉄所ができました。

f0019856_9415479.gif17世紀には大砲が普及して一気に需要が高まり、生産量世界一を誇りました。
製鉄所は、ガイドツアーで見学できます。
①これは(↑)、当時最新鋭の溶鉱炉。滑り台のような部分を使って、原料の鉄鉱石と燃料の木炭を上へ運び、溶鉱炉に入れます。
②下からポンプで熱風を送り、溶かします。(←)

f0019856_944412.gif③その原動力となるのが水車です。ツアーでは実際に動かし、「ギーギー」と轟音を立てて回る様子を目の当たりにし、パワーの大きさを実感しました。
周辺には、加工場や作業員の住居も残っています。閉鎖後もずっと守られている凄さとともに、産業遺産の面白さを知りました。
◆エンゲルスベリの製鉄所(1993年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-15 14:18 | スウェーデン
2006年 07月 14日
エーランド島、5000年の農業景観
f0019856_9534018.gif『ニルスの不思議な旅』で、美しい巨大な蝶が座礁した所として紹介されるエーランド島です。

南北に細長い平らな島で、ひたすら広がる草原と石垣と牛の放牧。

実は、この景色こそ、約5000年前から続く農業景観であり、世界遺産なのです。

f0019856_955043.gif見所は、点在する400基の風車と墓石、南端の灯台などです。
f0019856_9574937.gifまた、ヴァイキングの暮らしを再現した場所もあり、当時の衣装も貸してくれます。迷わず変身し、スタッフと記念撮影しました。


ますますマニアックさが増すスウェーデンの世界遺産。
建物ばかりが世界遺産ではありません。こういう所もあるんです。
エーランド島南部の農業景観(2000年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-14 14:16 | スウェーデン
2006年 07月 13日
カールスクローナの軍港、海を守る都市
f0019856_9512318.gif北欧の景色で印象深いのは、真っ青なバルト海!

打ち寄せる波、海鳥の声、行きかう船・・・瀬戸内で育った私には安らぐ風景です。

穏やかな海とは対照的に17世紀バルト海の覇権を守るべく造られた都市があります。

スカンジナビア半島の南端に位置するカールスクローナ。欧州初の近代的な軍港都市です。
軍の施設や倉庫、教会や時計台などが当時のままに配置されています。
実は、登録地には軍の施設も含まれ、沿岸の大半は立入禁止。
こうした場所は軍主催のツアーでなければ見られません。
ちょっと、近寄りがたいけど見てみたい。こんな世界遺産もあるんですね~。
◆カールスクローナの軍港(1998年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2006-07-13 14:42 | スウェーデン



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2016
その他のジャンル