カテゴリ:スリランカ( 70 )
2011年 04月 16日
スリランカ紀行のまとめ (最終回)
f0019856_1146738.gif2009.12.29~10.1.4のスリランカの旅が終わりました。最終日こそ3歳の息子が嘔吐&下痢になりましたが、それまでは順調で、シンハラ王朝時代から植民地時代までの歴史をたどる世界遺産6ヶ所の旅でした。専用車で回ったので効率的で安心して旅ができました。今回は、ホテルにもこだわったので、暑い中でも快適でした。
<道路事情> 内戦の影響で北に向かう道は未舗装でした。特に、コロンボからアヌラーダプラ、さらにシギリヤに向かう道はひどく、スピードが出せずに時間がかかりました。高速道路はありませんが、ポロンナルワ、キャンディ、ゴールへ向かう海岸線の道など、南の方は整備されています。運転マナーは悪く、追い抜きは当たり前、左に寄ると歩行者がいて危なかったり、当初レンタカーを考えていましたが、運転しなくて正解でした。

<気候> 平均気温はほぼ一定で一年中が夏。夜は涼しくなりますが、日中は暑いです。
のどが渇いたら、キング・ココナッツで水分補給を!

<治安> 2009年5月19日に内戦が終結したとは言え、多少の不安をもって出かけました。しかし、危ない目に合うことは一切なく、人々は穏やかに生活し、全く問題ありませんでした。ゴールで見た津波の爪あとの方が強烈でした。

<物価> ホテル代や観光客の行くレストランでの食事代はそれほど安くありません。入場料はアヌラーダプラ、ポロンナルワ、シーギリヤは各25ドルとかなり高いです。ただ、キング・ココナッツは30ルピー(24円)だったので、地元の物価はかなり安いでしょう。

<食事> ホテルや観光客相手のレストランで食べ、ほとんどがバイキングでした。地元の店でカレーも食べてみたかったのですが、きっと辛くて食べられないと思います。スリランカでは3食カレー。

<おすすめ度> ★★★★☆(4星) 
アジアの国で、これだけコンパクトに世界遺産6ヶ所が回れる国はそうありません。インドほど不衛生でなく、森あり、海ありで景色も変わります。 超有名な世界遺産はありませんが、一つ一つは見所たっぷりで、スリランカに対する関心がわきました。人々も穏やかで優しいです。
ズバリ、行ってよかったです♪

<次への期待> ぜひ、ペラヘラ祭に合わせ、クイーンズ・ホテルに泊まってパレードを見たいです。スリランカ唯一の自然遺産、シンハラジャ森林保護区でサファリを楽しむのもいいなぁ。でも、子どもたちがゾウを怖がらない年齢になってからの話ですが…(笑)。
[PR]
by micho7e | 2011-04-16 11:44 | スリランカ
2011年 04月 15日
空港での悪夢
f0019856_1801229.gif午後10時過ぎ、コロンボの空港に着きました。フライトは1時45分ですが、早く息子を休ませたい! それなのに、チェックインを終え、出国審査に向かうと、信じられないほどの長い列。(→)左に曲がり、延々と続いているのです。0時30分、2時間経ってもカウンターにたどり着かず。グルルル…突然、息子がもよおしました。

オムツを替えたいので中に入れてほしいと申し出ましたが、背後のトイレでしろ!と言います。
しかし、そこにオムツ替えの台はないのです。仕方なく、床に毛布を敷いて替えましたが…
ゲボッ!今度は嘔吐。床も毛布も服も汚染され、最悪。そして、ついに夫がきれました。
「いい加減にしろ!」と日本語で怒鳴り、パスポートを床に投げつけました。
これには関係者も驚いたようで、すぐに中に入れてくれ、ドクターが駆けつけました。
結局、飛行機の座席に着いたのは定刻間際の1時22分。しかし、間に合わない人続出で
機内はがらがら。なんと定刻から1時間35分遅れの3時20分にやっと動いたのです。
これで一気に印象が悪くなりました。息子は香港まで戻ってくると、だいぶ良くなっていました。
くれぐれも年末年始の空港はお気をつけください。
[PR]
by micho7e | 2011-04-15 17:58 | スリランカ
2011年 04月 14日
お土産はコロンボなら夜遅くても大丈夫! (スリランカ)
f0019856_1138283.gifコロンボに着いたら、お土産を買いたい! でも、息子の病気ですっかり遅くなり、ほとんどの店が閉まっています。そんな中、ガイドさんがオデールというショッピングモールに案内してくれました。
土産物はもちろん、雑貨から洋服まで何でもそろい、店内はおしゃれで明るく、日本で買い物しているみたい。予定になかった(←)スカートまで買っちゃいました。しかし、数ヶ月後に妊娠し、履けぬまま・・・。今年こそはおしゃれするぞ~!

f0019856_1149661.gif(→)シギリヤのミニチュア、ムーンストーン、ヤシの葉に書かれたお経は露店で購入しました。

[PR]
by micho7e | 2011-04-14 11:37 | スリランカ
2011年 04月 13日
お世話になった2人に感謝 (スリランカ)
f0019856_1203225.gif午後10時すぎ、コロンボの空港に到着しました。泊りがけで旅に同行してくれた2人です。ガイドのワルニーさん(→右)は3人の息子さんがいるシングルマザー。子どもたちはご両親に預けてきてくれました。スリランカは男尊女卑が根強く、ガイド仲間に身の上を隠して働いているそう。本業は日本語教師。私と同い年で話が合いました。
ヴィマルさん(→左)は、若い頃、事故にあって会社を辞めて以降、観光運転手をしています。
年齢は65歳。父と変わらない年なのに、文句一つ言わず、長距離運転してもらいました。
息子とは、「ヒャック(100)ルピー!」が合言葉になり、おじいちゃんと孫のようでした。
私たちの旅が決まったのは出発の数日前。突然の仕事だったと思いますが、
家族と過ごすはずだった年末年始を私たちのためにあけていただき、心から感謝いたします。
初日のワルニーさんのサリー姿、ヴィマルさんの竜の柄のシャツ、とってもお似合いでしたよ♪
「アーユボーワン(さようなら)」と合掌しながら言って別れました。
[PR]
by micho7e | 2011-04-13 11:58 | スリランカ
2011年 04月 12日
スリランカの病院はホテルのよう♪
f0019856_7301673.gifゴールを出て4時間。途中、食事をはさんで午後7時にコロンボに着きました。道路は幅広く、ビルのネオンがチカチカして大都会です。今朝から嘔吐と下痢を繰り返している息子は、何も食べずにぐったり。日本へ帰る深夜のフライトがあるので、病院に行くことにしました。すると、あまりの綺麗さにびっくり。
f0019856_7305491.gif(↑)ここはプライベートの病院で費用がかかるので、地元の人は診察費が無料の国立病院に行くそう。診察してくれたのは、イマリ先生。優しそうな先生でよかった。これで200ルピー(160円)。保険金を請求する必要もない金額です。でも、困ったのは薬。下痢止めや吐き止めなど4種類でましたが、すぐ飲ませると、途端に吐きました。無理強いせず、ポカリスエットの粉末に似たものをペットボトルの水に混ぜ、持ち歩くことにしました。チュニジアで熱が出ましたが、腹痛は初めて。でも、いずれも最終日で、観光は予定通り終了。親孝行な息子に心から感謝です。
[PR]
by micho7e | 2011-04-12 07:26 | スリランカ
2011年 04月 11日
いまだに残る津波の痕跡
f0019856_8471512.gifゴール旧市街の観光を終え、あとは海岸線を北上し、コロンボ空港に向かうのみと思いきや、道路のあちこちに倒壊した家や瓦礫の山が目に付きました。2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震(M9.0)で津波の被害を受けた跡です。100m内陸の列車も波にさらわれてバラバラになり、ほとんどの乗客が亡くなったそう。

f0019856_8475038.gifそれ以降、家は2階建てになったと言いますが、今や建物は少なく、寂しい海岸沿いでした。(↑)この家の壁には、「LAND FOR SALE」と書かれた紙が貼ってありましたが、売れるのでしょうか?地震が起こるまでは、海辺のリゾートだったはずですが…。

f0019856_848232.gifそして、当時、日本のマスコミを案内したという運転手のヴィマルさんがツナミちゃんの話をしてくれました。母が津波にさらわれ、救助された5分後に生まれた奇跡の赤ちゃん。懐中電灯の明かりだけで出産し、産湯もなかったそうです。両親はその子を「ツナミ」と名づけました。

f0019856_8493120.gifもう一つの奇跡は、(←)この仏像。周囲の家は壊れているのに、仏像だけは無傷だったそうなのです。仏陀を拝む人々の強い気持ちが奇跡を生んだのかもしれません。ここで手を合わし、人々の幸せを祈ったのですが、まさか日本でも同様の、いやそれ以上の津波が起こるとは、思ってもみませんでした。
[PR]
by micho7e | 2011-04-11 08:45 | スリランカ
2011年 04月 10日
キング・ココナッツのジュースを飲み干す! (スリランカ)
f0019856_1634199.gif旅の間、あちこちで見かけたキング・ココナッツ。最終日に飲んでみることにしました。さび付いた自転車の荷台の上で「シュパン!」。(←)大きくなたを振り下ろして真っ二つに割りました。そこに、ストローを挿してチュー。無色透明の果汁で、ほんのり甘く、少しねっとり。喉を洗うように流れ込み、疲れを溶かしてくれるよう。暑いスリランカにはピッタリ♪腹痛の息子が私のストローを横取りして飲んだほど。病気の時の水分補給になるのだとか…。
f0019856_1641585.gif
自転車にぶら下げられているキング・ココナッツはどれも同じに見ますが、2種類あります。
実が熟した方が20ルピー(16円)、若い方が30ルピー(24円)。
一つずつ飲んでみましたが、後者の方が味も粘り気も薄く、すっきり飲めます。
さらに、地元では白い実を切っておつまみがわりに食べるそう。味はなく、触感はコリコリです♪
これで、スリランカ気分がアップすること間違いなし!!
[PR]
by micho7e | 2011-04-10 16:01 | スリランカ
2011年 04月 08日
ゴール⑥ ベランダでゆったり生活
f0019856_9523284.giff0019856_9543643.gif
f0019856_957341.giff0019856_1072359.gif
f0019856_104432.giff0019856_10102790.gif
通りに面している玄関部分にベランダがついていること! これがゴールの家の特徴です。
ここで夕涼みしながら、通りを行きかう人を眺めたり、おしゃべりしたりしたのでしょうか。
ゆったりした生活ぶりが伺えます。傷んでいる家も多いので、修復すれば美しい町になりそう。
仏教都市からコロニアル都市までスリランカの歴史が体感できる世界遺産の旅でした。
◆ゴール旧市街とその要塞群(1988年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2011-04-08 09:49 | スリランカ
2011年 04月 07日
ゴール⑤ 時がまどろむコロニアル都市
f0019856_7441675.gif旧市街は碁盤の目のように道が通っていて、道幅も広く、端っこまで見渡せます。コロニアル都市なので、パステルカラーの家並みを期待していたのですが、ベージュや茶系の家が多く、意外と地味。というか、古くなっている家も多いみたい。でも、高さは統一され、玄関先や屋根から顔を出しているトロビカルな花々がいいアクセントになっていました。道路の下には下水が流れていて、今も利用されています。

f0019856_750384.gif
f0019856_7464578.gif(←)町を散策していると、野菜の行商と出会いました。ガタンガタン…とリヤカーが揺れ、カンカンカン…と鎖にぶら下がったアルミの秤がなっています。見ると、大きな蕪や葱、青いバナナなどが盛りだくさん。リアカーを押すおじいちゃんに「バイバイ」と声をかけると、にっこり笑って「バイバ~イ!」と優しい返事。おそらく、旧市街にスーパーはありませんから、昔からの光景なのでしょう。時折吹く、海風も気持ちいいです。
センスのよいお土産屋さんやギャラリーもありますので、急がずゆったり歩いてみては?
◆ゴール旧市街とその要塞群(1988年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2011-04-07 07:42 | スリランカ
2011年 04月 06日
ゴール④ コロニアル都市を象徴する2つの教会
f0019856_1961811.gif旧市街に入り、オールド・ゲートの方へ少し戻ると、ゴール国立博物館やホテルなど大型の建物が並ぶ通りに入ります。この一角にあるのがオランダ教会(→)。外壁の白と屋根のオレンジが調和し、ゴールが植民都市であることを印象づけます。スリランカは、仏教、ヒンズー教に続き、キリスト教は11%、西欧人との混血が中心です。

f0019856_19171555.giff0019856_19183223.gif中は、楽しい音楽が流れ、皆さん、お茶を飲んでくつろいでいました。いかにも、海辺の町らしい和やかな雰囲気。ふと足元を見ると、20ほどの墓石が埋め込まれていました(→)。

f0019856_19195074.gifそして、図書館と郵便局を挟んで、オール・セインツ教会(←)があります。こちらは英国教会。建物のデザインから分かります。さらに、灯台の近くには、かつてアラブ商人の貿易港だったことからイスラム教のモスクもあります。スリランカの歴史を語る上で重要な町なんですね。
◆ゴール旧市街とその要塞群(1988年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2011-04-06 19:04 | スリランカ



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2016
その他のジャンル