カテゴリ:中国(マカオ/香港)( 29 )
2009年 11月 17日
香港② ビクトリアピークで100万ドルの夜景
f0019856_17431346.gif
香港に来たなら一度は見たい100万ドルの夜景!
展望台に出た瞬間、「ワ~ッ♪」と声が出ました。
宝石を散りばめたようと言いますが、散りばめるどころかザックザック出ている感じ。
近い位置から見下ろせるのも魅力です。でも、日曜日で灯りが消えている窓も・・・。
平日はこれ以上かと思うと凄いです。

f0019856_23352383.gif長く見とれていたい所ですが、カメラを持って後ろに控えている人が多く、のんびりもできません。とにかく、旅の最後を締めくくるのにふさわしい場所でした。
香港は、地下鉄や2階建てバス&トラムが走っていて、どこへ行くにも非常に便利。ただ、8月は降雨量が最も多く、蒸し暑さは日本以上でした。夏は覚悟して観光してくださいね。

※マカオ&香港紀行は最終回です。次回はシリア&ヨルダン編をお送りします。 
[PR]
by micho7e | 2009-11-17 23:17 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 16日
香港① アベニュー・オブ・スターズで映画気分♪
f0019856_23133866.gif午後1時半の高速船に乗り、マカオから香港へ移動。高層ビルが林立する大都会でした。世界遺産はなく、気ままに街歩き。まずは、九龍のアベニュー・オブ・スターズ!対岸のビルを眺めながら、海辺のプロムナードを歩くと、香港映画に関するものがあちこちに…。ジャッキーチェンの手形やブルースリーの像を見つけるだけでうれしくなります。私も真似してアチョ~!

f0019856_18294225.giff0019856_18363085.gif相変わらず蒸し暑いですが、時々、海風が吹き、生バンドや大道芸もあって、活気に満ちていました。香港映画が好きな人にはたまらない場所です。
f0019856_18382369.gif

[PR]
by micho7e | 2009-11-16 19:02 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 06日
<寄り道> ジョルジェ・アルヴァレス記念像 (マカオ)
f0019856_12343561.gifビルが建ち並ぶマカオの繁華街で、こんな像を見つけました。1513年、中国に上陸した最初のポルトガル人で、名前はジョルジェ・アルヴァレス。足元には船のモザイクもあり、まるで船の甲板から中国を発見した場面のよう。日本にキリスト教や鉄砲が伝わったのも、日本の銀で中継貿易をしたのも、この人の一歩から始まったのですね。マカオの世界遺産を巡っていると、世界を舞台にした大航海時代の壮大な歴史が一つの線で結ばれたように思いました。

f0019856_2222794.jpg

※今日でマカオ編は最終回です。私も新たな世界遺産の旅へ漕ぎ出そうと思っています。
 しばらく休んだ後、香港編から再開したいと思います。さて、どこへ行くのかお楽しみに♪
[PR]
by micho7e | 2009-11-06 08:19 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 05日
マカオ⑯ オシャレな邸宅がマカオ最大の図書館に
f0019856_12302189.gif媽閣廟から北へ歩いて繁華街の近くに戻ってきました。 f0019856_12118100.gif(→)波模様の石畳とガジュマルの大木が南国ムードたっぷりの聖オーガスティン広場。周りにある3つの建物も世界遺産です。

f0019856_1295812.gif(→)聖オーガスティン教会は、1586年フィリピンから来たスペイン人修道士の創建で、十字架を担いだキリスト像が祀られています。

f0019856_121395.gif(↑)これは、ロバート・ホー・トン図書館。外観はオシャレな邸宅ですが、細い通路から中庭にでると、近代的な建物が増築されていました。19世紀に建てられたポルトガル人の邸宅を香港の大富豪ロバート・ホー・トン卿が別荘として購入。死後、政府に寄贈され、今はマカオ最大の図書館です。
(→)ドン・ペドロ5世劇場。マカオ在住ポルトガル人の娯楽施設で中国初のオペラハウス。修復中で中に入れず。

058.gif<美智代のワンポイント>  
これで、マカオの世界遺産(8つの広場と22の建物)をすべて回りました。
1日目は丸一日かけてセナド広場より北の世界遺産、2日目は午前中に南と分け、
セナド広場近くのホテルに泊まってすべて歩いて巡りました。
8月は、気温が高い上に湿度が80%以上で日本よりも蒸し暑く、立っているだけで全身に汗がにじむ状態。お店に入って休みながら観光するのがよいと思います。
ガイドブックによると、10月上旬~12月上旬がさわやかで良いようです。

※今回の記事は、マカオ政府観光局のホームページと『地球の歩き方』を参考にしました。
◆マカオ歴史地区(2005年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2009-11-05 15:02 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 04日
マカオ⑮ 聖ローレンス教会&聖ヨセフ聖堂、バロックの美
f0019856_18243098.gif石段を上ると、ヤシの木の庭に聖ローレンス教会があります。1569年頃、イエズス会が建立。水色の天井が明るく可愛らしい印象を演出。

f0019856_18293829.gif

f0019856_18353020.gif一方、荘厳な造りの聖ヨセフ聖堂。中に入った途端、パイプオルガンの重厚な音がドーム型天井に響いていました。コンサート会場としても有名です。

f0019856_18384987.gif
◆マカオ歴史地区(2005年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2009-11-04 09:05 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 03日
マカオ⑭ 港務局、中国と西洋の街にイスラム風の建物も!
f0019856_12252814.gif雑多な住居ビルが並ぶ通りに突然現るクリーム・イエローの美しい建物。港務局は1874年建造で、イタリア人建築家の設計です。でも、どこかイスラム教のモスクを思わせるデザイン。もともと治安維持のため、インドのゴアから連れてこられたムーア人兵士の宿舎でした。当時のゴアはイスラム圏で、その影響を受けています。

f0019856_12255437.gif中には入れませんが、回廊を歩くことはできます。アラベスク模様の透かし彫りの影が床に映って、ここだけは完全にイスラムの雰囲気でした。大航海時代に、アフリカやインドを経由して、人や物、文化が行き来した証拠です。

f0019856_17583677.gifそのまま北に歩くと、リラウ広場があります。リラウとは、ポルトガル語で「山の湧き水」を意味します。初期の頃、ポルトガル人は、天然の泉が湧くこの場所を定住先に選びました。右奥の壁にかつての水源の面影があるだけで、見た目は普通の小さな広場でした。

f0019856_180587.gifその向かいにあるのが、鄭家屋敷。1881年に建てられた鄭観應(チェンクンイン)の屋敷です。19世紀の文豪で、孫文や毛沢東にも影響を与えた人物。120mも通りに沿った壁があり、かなりの豪邸のようですが、現在、修復中のために非公開です。

f0019856_1844482.gif世界遺産の建物だけを見ると、パステルカラーの街並みが続くかと錯覚しますが、多くはこんな感じです(→)。
マカオは、29.2k㎡の面積に約55万人が住んでいます。人口密度は世界一!これらの建物もカジノも、限られた土地で生きるべなのかも…。
◆マカオ歴史地区(2005年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2009-11-03 09:16 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 02日
マカオ⑬ 媽閣廟、マカオはここから始まった!
f0019856_106317.gif半島の南端、海沿いにあるマカオ最古の中国寺院が、媽閣廟(マァコッミュウ)。
朝9:00なのに次々と人が訪れ、線香の煙が絶えることはありません。福建省から来た漁師が建てたと言われ、航海の女神「阿媽(アマ)」を祀っています。「阿媽閣(A-ma-kok)」とも呼ばれ、これがマカオの始まり。
f0019856_1075169.gifここにやってきたポルトガル人が地元の人に地名を尋ねました。すると、「媽閣(マァコッ)」と答え、「Macau(マカオ)」になったとか。石段を上ると観音閣があり、船がゆっくり海を渡る景色がのどかでした。ところで、どの祭壇にも吊るしてある渦巻き状の黄色い線香は、燃え尽きるまで1ヵ月もかかるそうです。赤い建物に黄色い線香でとても華やかな寺院でした。f0019856_1027127.gif

この前にあるのがバラ広場です。背後の丘に砦があり、バラ要塞と呼ばれたことが名前の由来です。ここもセナド広場と同じ、波模様のモザイクが敷かれています。年配の女性たちが太極拳をしていて、息子も懸命に真似していました。 ◆マカオ歴史地区(2005年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2009-11-02 07:41 | 中国(マカオ/香港)
2009年 11月 01日
三元粥品專家、お粥はマカオのファーストフード (中国)
f0019856_9585030.gif翌朝は、創業55年の名店「三元粥品專家」に行きました。ホテルの朝食より安あがりで、地元の味が楽しめます。午前7:30 ほとんどの店のシャッターが閉まっている中、サラリーマンや若い女性客で活気がある店でした。
(←)注文したのは金銀粥。牛肉と豚肉の2種類のお団子が入っています。
f0019856_948948.gifほどよい塩加減でとろ~りなめらかなお粥。器の底から生卵の黄身がジワリととけ、一層、まろやかです。肉団子は見た目より大きく、ボリューム満点。周りに習って、油條(揚げパン)も注文。お粥につけて食べるのが一般的です。たかがお粥、されどお粥。栄養価が高く、お腹いっぱいになるマカオのファースト・フードでした。金銀粥(生卵つき)18パタカ。
※1パタカ≒11.2円(2009年10月31日現在)

f0019856_1012615.gif店の前の通りは、福隆新街に続いています。白壁に赤い扉と格子窓が鮮やかな街並み。かつて、ここは遊郭でした。今は、レストランやお土産屋さんが並ぶ観光スポット。昼間や夜はにぎわうのでしょうね。坂を上ってここを抜け、ひたすら南へ20分余り。半島の先にある世界遺産、媽閣廟(マァコッミュウ)まで歩きました。
[PR]
by micho7e | 2009-11-01 08:42 | 中国(マカオ/香港)
2009年 10月 31日
「ソルマー」で楽しむマカオ料理 (中国)
この日の夕食は、ポルトガル料理。ホテルシントラのすぐ近くにある「ソルマー」です。

f0019856_2014475.giff0019856_12195044.gifまずは乾杯!のど越しよいマカオビールは蒸し暑さも流してくれます。(→)
(←)1品目はポテトのスープ。家庭的な優しい味。

f0019856_12231982.gif(←)マカオ料理の代表、アフリカンチキン。ピリッと辛いスパイスで食欲増進。マカオ駐留アフリカ兵に由来する意外な一品。

f0019856_12245870.gif(←)海鮮オムライスは、店の人気メニュー。ケチャップ味なので息子もOK!日本語メニューがあり、注文しやすかったです。
f0019856_13104931.gifこれにジュースをつけて、290パタカ。親子3人でお腹いっぱいになりました。雰囲気のよいお店で、夕方に来た時は満席。
午後8時に予約を入れて、再び訪れた時も賑わっていました。『地球の歩き方』によると週末は予約した方がよいそうです。
※1パタカ≒11.5円(2009年10月31日現在)
[PR]
by micho7e | 2009-10-31 08:42 | 中国(マカオ/香港)
2009年 10月 30日
マカオ⑫ 盧家屋敷、透かし彫りと色ガラスの豪邸
f0019856_16394937.gif世界遺産22の建物のうち、お屋敷は2軒だけ。もう一軒は修復中で非公開のため、唯一お宅拝見できるのが、盧家屋敷です。中国広東省生まれの貿易商・廬華詔(ロゥ・ワ・シオ)が、1889年に建てました。一歩中に入ると、透かし彫りの飾りと色ガラスのつい立に迎えられ、吹き抜けの中庭から光があふれていました。

f0019856_10211733.gifこれこそ、東洋と西洋の様式が融合した建築物です。壁は灰色レンガ、窓や扉は木造で、違う素材を違和感なく組み合わせ、色ガラスの鮮やかさが引き立っています。簡素な外観からはとても想像つかない驚きがありました。間取りは日本の町家風で居心地よさそう。これで、マカオ半島北部の世界遺産は終わり、明日は南に向かいます。
◆マカオ歴史地区(2005年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2009-10-30 12:03 | 中国(マカオ/香港)



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2017
その他のジャンル