カテゴリ:ギリシャ( 21 )
2008年 03月 12日
<最終回> ギリシャの旅を振り返る
f0019856_12424228.gifアテネ空港から市街地へ郊外鉄道が走っています。オリンピックに合わせて開通した新交通で、車内は広々、乗り心地はgood!
英語表記があるので、迷うことはありません。
地下鉄に相互乗り入れしています。直行でない場合、シンタグマ駅まで乗り換えを入れて50分でした。
<感想> さて、いよいよ最終回になりました。
今回は、2007年12月26~29日の4日間で、4ヵ所の世界遺産を巡りました。→地図
着いた時は、どんよりした雲が広がり、気分も盛り下がっていたのですが、
旅の後半は、よいお天気に恵まれて、旅を楽しむことができました。
悔やまれるのはメテオラ!移動に半日費やすだけに、晴れた景色を見たかったです。
お天気さえよければ、冬のギリシャ遺跡巡りはオススメです。
夏は40度を超える暑さで、ホテル代が数倍にも跳ね上がるからです。
ただし、夏はほとんど雨が降らず、冬は最も雨が多いので、これをどう考えるかです。
ギリシャ人のホスピタリティは、ハッキリ言って、悪い!!
ホテルやレストランの人は愛想がなく、ぶっきらぼうな印象でした。
メテオラのリベンジも含め、今度は夏に訪れてみたいと思っています。

[PR]
by micho7e | 2008-03-12 13:11 | ギリシャ
2008年 03月 11日
タベルナで食べた海の幸 (ギリシャ)
f0019856_11145786.gifギリシャでは、カジュアルな料理店を「タベルナ」と言います。
一番おいしかった料理は、ビザンティノの「タコのグリル」!!
アテネのプラカ地区にあり、本に載っている日本人御用達。
f0019856_11163265.gif
f0019856_1119971.giff0019856_11215742.gif座った途端に「タコのグリル?」と聞かれ、大きなタコの足が出てきました。シンプルな味で、歯ごたえ抜群。定番のムサカ(→)は、ナスを挟んだラザニア。レタスサラダを注文すると、レタス山盛りでびっくり。(→)
全体的に、手の込んだ料理よりも、素材を生かしたシンプルな料理の方がおいしかったです!
[PR]
by micho7e | 2008-03-11 19:26 | ギリシャ
2008年 03月 10日
アクロポリス⑧ 古代アゴラ、なぜ人は旅をするのか?
f0019856_11224723.gif
f0019856_11235212.gifアクロポリスの丘の裾野に広がっているのは、古代アゴラ。
「アゴラ」とは、現代では「市場」を指す言葉ですが、古代ギリシャでは、政治や経済の中心地で、集会が開かれたり、演説家が熱弁をふるったりする場でもありました。
有名な哲学者ソクラテスやプラトンもここで考え、語りました。
「なぜ人は旅をするんだろう?」 私も考えながら歩きました。
アゴラ内の博物館では、発掘品が展示されていましたよ。→
ちなみに答えは、自分の知らない世界を知りたい好奇心かなぁ。
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-10 17:04 | ギリシャ
2008年 03月 09日
アクロポリス⑦ ロック・クライミング?
f0019856_1138161.gif遺跡を見学していたら、珍しい光景を目にしました。
「まさか、アクロポリスの石垣でロッククライミング?」
と思ったら、草むしりをしているではありませんか!
全景
緑の多いところですから、石の間からも簡単に草が生えてきます。観光地をきれいに維持していくには、こんな苦労があるのですね。

◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-09 09:26 | ギリシャ
2008年 03月 08日
アクロポリス⑥ ディオニュソス劇場、古代の歓声
f0019856_11425871.gif丘の麓にあるディオニュソス劇場は、ギリシャ最古。

紀元前6世紀に建造され、
1万7000人を収容できます。舞台の背景にはギリシャ彫刻が施され、最前列には背もたれのついた大理石のイスが並んでいました。

f0019856_11404345.gif



4年に1度の大祭では、身分の高い人たちも、市民と一緒になって楽しんだのでしょうね。腰を下ろしていると、古代の歓声が聞こえてきそうでした。  ◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-08 15:45 | ギリシャ
2008年 03月 07日
アクロポリス⑤ 2000年間、現役の音楽堂 
f0019856_1147626.gifアクロポリスの丘の麓には、大きな音楽堂(オデイオン)がありました。

161年に大富豪ヘロド・アティクスが建設し、亡き妻の記念にアテネ市に寄贈したものです。当時は彩色された糸杉の天井があったとか。
6000人収容の観客席が修復され、6~9月まで演劇やコンサートが開催されます。

2000年近く経った今でも現役なんて、ホント、偉大なものを造りましたねぇ。
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-07 14:08 | ギリシャ
2008年 03月 06日
アクロポリス④ これがギリシャ美人!?
f0019856_11524198.gifパルテノン神殿の隣には、もう一つ、小型の神殿、エレクテイオンがあります。 →全景
その昔、アテネの守護神をめぐって神々が対決しました。海水を贈ったポセイドンに対し、オリーブの木を贈ったアテナ。市民はアテナを選びました。(↓)脇にあるのは、オリーブの木です。
最も人を惹きつけるのは、6体の乙女の柱。(→)
ふくよかな体に薄布をまとい、パルテノン神殿を仰ぎ見ています。飛鳥美人ならぬ、ギリシャ美人!?古代ギリシャ世界が広がりました。
f0019856_1151137.gif
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆

058.gif<美智代の豆知識>
6体の像はレプリカで、本物はアクロポリス博物館(1体は大英博物館)にあります。
しかし、パルテノン神殿横の旧館は閉館しており、丘の麓に現在も新館を建設中。
当初はオリンピックに合わせて開館する予定でしたが、大幅に遅れています。
開場時間の変更やストライキなど、予定通りいかないのがギリシャらしいところです。
その後・・・新アクロポリス博物館は、2009年6月にオープンしました!


[PR]
by micho7e | 2008-03-06 14:27 | ギリシャ
2008年 03月 05日
アクロポリス③ パルノン神殿、エンタシスの美 (ギリシャ)
f0019856_11535032.gif門をくぐるとすぐに、パルテノン神殿が現れました。「大きいなぁ!」これが私の第一印象。

でも、至る所に足場が組まれ、クレーンがあり、工事現場のような遺跡は、私の想像とは違っていました。
これが2500年以上前の遺跡を支える困難さなのだと実感しました。

f0019856_11551297.gif次に、神殿の周りをゆっくり歩き始めました。360度どこから見ても絵になる美しさです。エンタシスの柱もバッチリ確認。三角破風には一部だけ彫刻が残り、栄華を偲ばせてくれました(←)。さて、高さ70mの丘は強風が吹き荒れ、じっと立っていられないほど。めちゃくちゃ寒いですので、冬に行かれる方は防寒をきっちりと!!→強風に耐えて写真撮影
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆

056.gif<世界遺産短歌>強風に耐えて神殿あおぎみる これが世界のパルテノンなり


[PR]
by micho7e | 2008-03-05 10:22 | ギリシャ
2008年 03月 04日
アクロポリス② 古代ギリシャへの門
f0019856_1158723.gif地下鉄に乗って最寄のアクロポリ駅に着きました。

正式な入り口はアクロポリスの西側ですが、駅に近い東側にも小さな入り口がありました。ワクワクしながら列に並ぼうとしたその時、係員からストップがかかりました。
ベビーカーは持ち込みできず、西側のクロークに預けなさい!ということでした。
人の少ないパルテノン神殿を撮ろうと早起きしたのに・・・(涙)
結局、外周を端から端まで歩き、やっと中に入ったら、さらに急な坂道が待っていました。
それでも、最初に迎えてくれたプロピレアの門は、太くて立派な大理石で造られ、貫禄十分。
後ろを振り返ると、町が小さく見え、神の世界へきたことを実感しました。
さあ、この門をくぐれば、待ちに待ったパルテノン神殿とのご対面です!
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-04 12:56 | ギリシャ
2008年 03月 03日
アクロポリス① 世界を見渡す丘の都市 (ギリシャ)
f0019856_1212946.gif最後の目的地、首都アテネにやってきました。 →地図

白壁に箱型の家がひしめく中、一際高い丘にそびえるのがアクロポリスでした。
アクロポリスは「高い丘の上の都市」を意味し、神殿や劇場、門などがあります。
シンボルはもちろん、パルテノン神殿!アテネの守護神アテナが祀られていました。

丘からは、周囲に視界をさえぎる物は何もなく、遠くまで見渡せます。
女神アテナは、アテネ市民だけでなく、世界中を見渡していたような気がしました。
足取り軽く、いよいよ2500年前の世界へと上っていきました。
◆アテネのアクロポリス(1987年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-03-03 12:49 | ギリシャ



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2017
その他のジャンル