カテゴリ:トルコ( 25 )
2008年 02月 18日
イスタンブール、朝日に終わる冬の旅
f0019856_103930.gif<感想>
今回は、2007年12月23~30日イスタンブールを旅しました。もともとの予定は、この後訪れるギリシャ旅行が目的でイスタンブールは経由地でした。
しかし、出発5日前、ギリシャにはクリスマス休暇があり、12月24~26日はすべての観光地が閉まることが分かったのです。

そこで一晩考えて、偶然、経由地になっていたイスタンブールを回ることにしました。
この選択は大成功!!見るものよし、食べ物よし、治安よし、人よしと最高の寄り道でした。
その要因は、なんと言っても天気。この時期は、一年で最も雨が多いのです。
お天気さえ良ければ、冬は日が短いので、朝食を食べる時間に朝日をみることができます。
ホテルの位置も最高で、どの観光地も歩いて回れ、子連れには便利でした。
そして、最終日も朝日に見送られ、空港へと向かいました。次はギリシャです!
◆イスタンブール歴史地域(1985年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-02-18 12:15 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 17日
イスタンブールが見渡せるホテル (トルコ)
f0019856_9594715.gifイスタンブールは3泊するため、ぜひ眺めのいいホテルに泊まろうと思っていました。

インターネットで探していた時、レストランから望むモスクの写真を見て、
「ココだ~」と思いました。
「ゴールデン・ホーン」。
1泊100ユーロ以下の中級ホテルです。
ホテルに着いた時、フロントの男性から、「50ユーロを現金で払えば、眺めのいいデラックスルームに変えてあげる」と提案があり、つい領収書のないお金を支払ってしまいました。
でも、後から予約表を確認すると、はじめからデラックスルームを予約していたのです!
ずるがしこい人もいるので、今後、行かれる方はお気をつけくださいね。 
[PR]
by micho7e | 2008-02-17 20:05 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 16日
イスタンブールで見た無形文化遺産「セマー」 (トルコ)
f0019856_1054546.gif恍惚の表情を浮かべ、無言のまま、ひたすら旋回する踊り。これは「セマー」と言います。

メヴレヴィー教団の宗教儀式で、旋回することで神と一体化するのだそうです。

ガイドブックに月1度の公演と書いてあったのであきらめていました。

しかし、通りでセマーの看板を見つけ、毎週火に公演するというではありませんか!
場所は、国鉄スィルケジ駅。信じられない思いでチケットを買い、トラムで出かけました。
長い演奏の後、黒いマントの踊り手が現れ、お辞儀をしてから次々に回り始めました。
スカートが開き、花が咲いたよう。動きはこれだけなのですが、時を忘れて見入っていました。

058.gif<美智代の豆知識> 無形文化遺産とは?
世界遺産には、法隆寺や姫路城などすでにおなじみの有形遺産に対して、
伝統芸能や儀式などの無形遺産があり、現在90件が選ばれています。
日本の能楽 ・人形浄瑠璃文楽 ・歌舞伎を含め、2009年に正式に登録される予定。


[PR]
by micho7e | 2008-02-16 10:17 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 15日
<おまけ> かずくんのファースト・キッス♪ (トルコ)
f0019856_104634.gifキョフテ専門のレストランで食事をしていると、息子の隣にトルコの女の子が座りました。

息子は食べるのをやめ、しきりに彼女に手を伸ばします。

次第に彼女の警戒がとけ、身を乗り出して、おててにチュッ♪ほっぺにチュッ♪ トルコ女性は積極的なんですねぇ。

この子だけでなく、町を歩いていると、老若男女いろんな人が寄ってきて、息子にチュッ♪ 
トルコには、あいさつでキスする習慣があることを知りました。
それにしても、自分から誘っておきながら、無表情のわが息子には参りました。
大きくなったら、この日のことをたっぷり話してやろうと思います♪
[PR]
by micho7e | 2008-02-15 17:03 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 14日
トルコ風ミートボール「キョフテ」は細長かった!(トルコ)
f0019856_1010098.gifトルコ料理は、世界三大料理の一つ。通りを歩くと、店の前で次々と声をかけられ、迷ってしまいます。そこで、ホテルの人に一押しのレストランを紹介してもらいました。
1920年創業のキョフテ専門店「セリム・ウスタ」。キョフテは、トルコ風ミートボールで、店内は地元の人で賑わっていました。

f0019856_10105494.gif私は、そのキョフテとライスを注文。肉は思いのほか軟らかく、一口かむとジュワ~とうまみが広がります。香辛料はさほど強くなく、1歳の息子もモグモグ。ピリカラが好きな人は、しし唐と一緒に食べれば、なおGOOD♪昼間はケバブをテイクアウトし、おやつは露店のドーナツパン。大満足の食事でした。さすがは、世界三大料理と納得しました。
[PR]
by micho7e | 2008-02-14 16:52 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 13日
トルコのチャイで、疲れも吹き飛ぶ! (トルコ)
f0019856_10113832.gifグランド・バザールでヘトヘトになったので、喫茶店でお茶を飲むことにしました。注文したのは、チャイ!
トルコ人には欠かせない紅茶です。普段はストレートなのですが、トルコ流に角砂糖を2つ入れ、甘~くして飲みました。これがすっごく美味しい!!
砂糖と一緒に疲れまで融けたようでした。
[PR]
by micho7e | 2008-02-13 09:58 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 12日
<寄り道> グランド・バザール、迷宮の大商店街
f0019856_10152328.gifイスタンブールは東西の人や物が行きかう場所。それを象徴するのが、グランド・バザールです。

1461年オスマン帝国時代から始まり、現在まで4000店以上あります。

でも、標識に従ってきた入り口は、小さく薄暗い裏通りで半信半疑・・・。
f0019856_10164586.gif
一歩、踏み出すと、突然視界が開け、どこまでも店が続く大通路が現れました。バッグ、食器、絨毯、象嵌細工など品物があふれ、その凄さに面食らってしまいました。だんだん慣れてきて、いざ買い物をしようかと思ったら、さっき目をつけていたお店の位置が分かりません。まるで迷路でした。

f0019856_1018991.gifそんな中、選んだのは、目玉の魔よけ。(↑)
「青い目(ナザール・ボンジュー)」と言います。
(←)これは、お皿。柄も色も明るくカラフルで、見ているだけでも楽しくなります。客引きをかわしつつ、他の店と比べながら、値段の交渉をして3枚買いました。
500年前の賑わいは、今も確かに健在でした!
[PR]
by micho7e | 2008-02-12 15:44 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 11日
スレイマニエ・モスク、イスラム教の小宇宙
f0019856_10215155.gifスレイマニエ・モスクです。オスマン帝国が絶頂期を迎えていた1557年、スレイマン1世が繁栄のシンボルとして建てました。他の観光地から離れているため、観光客は少なく、静かで厳かな雰囲気が味わえます。惑星のようなドームがあまりにも綺麗で、首を思いきり後ろにそらし、ゆっくりと前へ。七色の光が差し込むステンドグラス、星が輝くようなランプの光。宇宙を見ているような錯覚に・・・。丘を登った甲斐がありました。
f0019856_1020297.gif

◆イスタンブール歴史地域(1985年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-02-11 18:54 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 08日
<寄り道> ヴァレンス水道橋、1700年の威厳
f0019856_10273350.gif古代ローマ帝国の都として、なくてはならないのが、水道橋! 特に、イスタンブールは乾燥した土地なので、給水施設は欠かせないものでした。

これは、378年ヴァレンス帝が完成させた水道橋です。
ここを通った水が地下宮殿へ運ばれ、その後、トプカプ宮殿でも使われました。

今は使われていませんが、都会の真ん中で1700年の威厳を示していました。
[PR]
by micho7e | 2008-02-08 18:29 | トルコ | Comments(0)
2008年 02月 07日
テオドシウスの城壁、町を守った大きな壁
f0019856_1029328.gifトラムに乗って向かった先は、古代ローマの城壁。

旧市街は3方を海に囲まれていますが、西側だけは陸続きで防御が必要です。そこで、皇帝たちは城壁を築きました。

中でも、最大なのが413年にテオドシウス2世が造った城壁です。

f0019856_14323985.gif
3重構造で、堀が巡らされていました。門をくぐって町の方へ入ると、トルコ人男性が寄ってきて、ここが検問所だったと教えてくれました。こうして1000年町を守ってきたんですね!

◆イスタンブール歴史地域(1985年登録)◆
[PR]
by micho7e | 2008-02-07 14:47 | トルコ | Comments(0)



京都在住の世界遺産研究家です。訪れた世界遺産は50ヵ国以上、400ヵ所。家族で旅した体験談を詳細にリポートします。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Information
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産 ブログランキングへ

micho7こと、久保美智代
(愛媛県八幡浜市出身)
旅する世界遺産研究家
350ヶ所以上訪問
世界遺産検定「シルバー」 

★詳しいプロフィール★

お問い合わせはこちら

<講座案内>
朝日カルチャーセンター
「世界遺産を楽しもう!」
梅田教室で講座を開催

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも開催中!


私の古都歩きブログです!


私が訪ねた350ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介したHPです。


第3回インタビューに登場!

※著作権は管理人にあり
写真&記事の転載は
一切禁止します。
(C)2004-2014 micho7e
All Rights Reserved
カテゴリ
はじめに
自己紹介
講座案内
渡航歴
アメリカ(西部Ⅱ)
アメリカ(ハワイ)
イギリスⅡ
イタリア北部
インド
エジプト
エストニア
オーストラリア(シドニー)
オーストラリア(タスマニア)
オランダ
オランダ(アムステルダム)
カタール
韓国(済州島/ソウルなど)
カンボジア
クロアチア
ギリシャ
シリア
スイス
スウェーデン
スリランカ
スロベニア
中国(福建省)
中国(マカオ/香港)
チュニジア
デンマーク
ドイツ
トルコ
日本
ニュージーランド
ノルウェー
フィンランド
フランス
ベトナム(ハノイ)
ベトナム(ホイアン)
ベルギー
ポーランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マレーシア
モロッコ
モンテネグロ
ヨルダン
ラオス
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
世界遺産の楽しみ方
子連れ旅行の楽しみ方
地球一周「ピースボート」
お知らせ
タグ
(63)
(58)
(52)
(47)
(42)
(24)
(19)
(18)
(16)
(15)
(13)
(12)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(1)
検索
以前の記事
2017年 02月
2015年 07月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
記事ランキング
最新のコメント
★ みかんさん、コメント..
by micho7e at 17:46
ご成功おめでとうございま..
by みかん at 15:26
★ まこと・いちろーさん..
by micho7E at 11:44
★ まこと・いちろーさん..
by micho7E at 11:43
★ まこと・いちろーさん..
by micho7E at 11:39
最新のトラックバック
CATHEDRALE ..
from 世界 テンテン 訪問記
Itinerary (I..
from Life is beauti..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私が取材されました
↓写真提供しました!
お気に入りブログ
KOTOコレ2016
その他のジャンル